初めて挑戦するPC修理のいろは

パソコンは長く使っているうちにだんだん不調が出てきたり、または突然動かなくなってしまうことがあります。すると、それを修理しなければなりませんが、そのとき他の家電製品と違ってPC修理の場合は注意することがあります。それはパソコンとは大切なデータを載せている機械だと言うことです。そのためにデータの扱いには気をつけなければなりません。またもう1つは、パソコンの故障にはハード面とソフト面の二つの場合があると言うことです。例えば、起動しないなどの故障の場合でもハード面とソフト面の二つの可能性があります。それを間違うとPC修理をしても直すことができません。そのためにPC修理のいろはとしてデータの扱いとハードとソフトの切り分け方を理解する必要があります。

パソコンを開ける前にバックアップを取ること

パソコン修理は掃除機やオーディオなどの普通の機械とは違います。どこが違うのかと言うと、内部には記憶装置が入っており、もし万が一パソコンが動かなくなったら、大切なデータを二度と取り出せなくなる可能性も出てくる危険性があります。そこで、最初にやることは、まずしっかりとバックアップをとることです。パソコンが起動するときは、そこからデータを取り出して別のところにコピーしておくことです。また、取り出す際にももし、パソコンが不調で動かずとりだせない場合には、パソコンのデータだけを取り出せるディクスがあるので、それらを使ってとにかくデータを出すことです。データは時としてパソコン本体よりも高価な価値があるときがあります。失ってからでは遅いので修理の前に行っておくことです。

パソコンの故障にはハード面とソフト面をしっかり切り分けること

パソコンは他の機械と違って、機械部をこじ開けてから故障の原因が目で判るというものではありません。他の機械なら内部を分解して電気回路を見ればどこがおかしいのかがわかりますが、パソコンの場合は、内部はほとんどが集積化されて機械などがあまり壊れることはないからです。つまり、パソコンの故障には二つあって、1つは断線や機械の破損などハード面が原因でパソコンが動かないことと、もう1つは、プログラムがおかしくなってしまったために動かないことがあります。そのために最初にどちらに原因があるかを見極めることが大切です。例えば、起動しない場合は、他のOSを使って起動するかどうかを確認し、起動しなかったらハード面である機械やそれをつなぐ線の故障ですが、きちんと起動した場合はソフトウェアであるOSやプログラムの問題です。その場合はプログラムの確認をすることが大切になってきます。このようにPC修理の前にどちらかを切り分けてから修理を始めることが大切です。